読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙草をやめてcoolになろう!

最高1日3箱超のヘビースモーカーだったが、9年前に完全禁煙!今では、タバコ大嫌い!

タバコ一箱の値段

 私が20代の頃、タバコは一箱200円くらいだった。1000円で5箱買えた。

 

 当時の安い給料でも、さほど苦にはならなかった。それが今、420円くらいしている。それでも、当時と比較して、約2倍。諸外国と比べても、そんなに高くはない。

 

 今、スパスパやっている人は、タバコの値段についてどう思っているのだろう。

 

 高い?安い?

 

 一箱あたりで見ると、410円として、税金分が264円だそうだ。まー、ざっくり6割強が、商品以外の税金分ということ。

 

 煙を合法的に吸うためには、6割強もの税金を払わなければならないのだ。

 

 喫煙の愛好家は、国のために多額の税金を納める奇特な人々なのか、自らを煙突にして命を縮め、医療費を高騰させている危篤な人々なのか、よくわからない。

 

 タバコがいくらになろうとやめない!という人もいれば、一箱1000円越えたらやめる、と言う人もいる。んー。値段で禁煙を判断するのも、おかしい。

 

 やっぱり、タバコをやめるなら、先ず、タバコを本当にやめたいと思わなければ。そして、タバコを嫌いにならなければ。吸わなくても死にはしない!と、開き直ることも必要だ。

 

 喫煙人口は減っているそうだが、もっともっと減って、町なかで吸う人も、ベランダや換気扇の下で吸うホタル族も、いなくなってくれると、嬉しいのだが。

 

 

※広告